SHARAKUMONO(シャラクモノ) モデリスト シリコングローブ(ブラック) 人気ランキング :
定価 : オープン価格
販売元 : 調理道具の総合市場「厨房の家」
発売日 :
発送可能時期 :
価格 : 1,365円

グローバルプロで有名な工業デザイナー、山田耕民と企業とのコラボで生まれた「SHARAKUMONO」のスタイリッシュな鍋つかみ。◆サイズ:W180×D130×H10mm◆材質:シリコンゴム TOP>調理道具>ブランド別>SHARAKUMONO(シャラクモノ) SHA RA KU MONO(シャラク モノ)は工業デザイナーの山田耕民さんのデザインを、燕を中心としたメーカーが製品化しました。最初の参加企業は6社で、現在は10社が参加しています。  山田耕民さんは、柄と刃が一体の包丁「グローバル」で世界的に評価されています。当然、製品化にあたっては、仕上がりからコストまで、厳しい要求が寄せられました。注文に応じられなかったメーカーが撤退したこともありました。しかし、金属加工で世界的に有名な新潟県燕市において、長年にわたり技術を培ってきたメーカーは、山田さんの要求に応え、「現代美」と「和」の感性を融合させた、同シリーズが完成しました。  同シリーズは、2002年からドイツ・フランクフルトで行われる世界最大の消費財見本市「アンビエンテ」に出展し、これをきっかけに欧州のバイヤーから高い評価を受け、同シリーズの鍋はニューヨーク近代美術館が販売する商品カタログである「MoMA」にも掲載されました。(後にミキシングボールも掲載) 名前のSHA RA KU MONO(シャラク モノ)は江戸時代に蔦屋という版元が制作していた写楽の浮世絵から取られたもの。東洲斎写楽の名前にある「東西のシャレ」という意味のように、シャレた小道具たちがそろっています。毎日使うキッチン用品に小粋なスパイスを効かせながらも、しっかりとした機能美をあわせ持つSHA RA KU MONO(シャラク モノ)は、日本が誇る工業デザイナー、山田耕民さんとその道のプロであり確かな信頼と技術を培ってきた企業とのコラボだからこそ、生み出すことのできたキッチンウェアなのでしょう。

このサイトは楽天やAmazon.co.jpのウェブサービスによって実現されています。